超美術が嫌いだったデッサン初心者の描いた絵を公開してみた

こんにちは、高居翔です。

小中学生の時から、私は美術とか図工という教科が大嫌いだったんですよね。
絵を描く授業では、友達がある程度できてくるのを待ってからその構図とかアイディアをパクるのが私の絵の書き方だったわけです。

しかしながら、先生に真似するのは良くないと言われるようになってからは、美術の作品を提出せずにバックレたことが何度もありました。

どうしてそうなってしまうのかっていうと、アイディアとかイメージとか発想力とかが乏しいからです。
どんなに考えても描きたいと思えるものが出てこなかったし、むしろどうやって描いているのかわからないからすげー嫌いだったんですよ、美術。

親に見せても笑われるのが当たり前ですし、学校でも人の作品と自分の作品を比べて、いつも恥ずかしい気持ちになるんです。だから人に褒められたことも「上手だね」って言われることもなかったら、絵を描くことが好きになることもない少年時代で、むしろ提出しないしょーもない少年だったんです。

 

スポンサーリンク

絵を描くことに対する気持ちの変化

高校大学に通っている時には、美術という教科が必修ではなくなったからすごく気が楽になったんです。

それからは、絵を描くことは全くなくなりました。
そもそも絵の具とか画材はすべて処分しちゃったし。

たまに落書きで描くこととか、ふざけて絵心がどうのこうのでミッキーとかピカチュウとかをノートに描いてはゲラゲラ笑っていた思い出しかないくらい絵を描いていませんでしたよ。

 

でも大学生になってから、実は絵を描く機会が多少増えたんです。

大学は心理学部心理学科に入学したんですけど、そこでバウムテストとか星と波テストと言われる、絵を描く心理テストを実際に自分が受けることがあったからなんですよね。

こういった心理学関係の詳しい話は別記事にてこれからどんどん公開していきますが、少し簡単に説明すると、絵の描き方や構図、筆圧などを見ることによって、その人の心理的な状態をある程度知ることができるというテストになるんです。

 

こうやって聞くと、「◯◯だから良い」「△△だからダメ」というような思いを抱く人も多くいると思うんです。
典型的に私です・・・。

理想の自分に程遠い心理状態になっていると、今の自分はダメなんだって思うことがたくさんありました。
でも、先生に言われて初めて気付いたことは、「こうじゃなきゃいけない」っていう正解はないよ!って言われたことでした。

 

いつもおだやかでいなきゃいけないわけではないし、
いつも真面目に過ごさなきゃいけないわけではないし、
慎重に物事を進めなきゃいけないわけではないし、
常に周りに合わせて行動しなきゃいけないわけでもないですし、
絵を描くのが下手だから描いちゃいけないわけでもないんですよね。

「◯◯しなきゃいけない」
「◯◯しちゃいけない」

そういうルールを持つ必要ないんですよね。

そう思った時に、絵を描いていて楽しいと思える自分がいたわけです。

心理テストがきっかけではありましたが、下手とか上手いとかを気にしなくなった途端、すげー楽しくなったんです。それが今たまに好きなように絵を描くきっかけになったということです。

 

 

今まで描いてきたデッサンを紹介!

楽しくなったからといって別に毎日描いていたわけではありませんw
でも、本気で描くのが好きだなあって思うようになってから、デッサンするようになったんです。

ということでめちゃくちゃ恥ずかしいけど、残っている作品をどんどん紹介しちゃうことにしました!!

 

 

・3年くらい前に描いたマグカップ

2012-06-12 15.30.50
これでもいいんだって思えるようになったのは、すごいことなんです。
影の方が濃くてもうよく意味がわかりませんねw

 

 

・友達数人

2013-09-11 23.36.42 2013-09-11 23.36.52 2013-10-11 23.24.20
実際に描いたら意外にも喜んでくれたのを覚えています。自信はありませんでしたけどね。

 

 

・紙コップ

2015-04-22 19.14.082015-04-22 19.14.40
これは、マグカップの時よりも上手になった気がしています。
紙の質を表現するのは私には難しいので、ここまでしかできませんw

 

 

・りんご

2015-04-22 19.14.20
どうやっても描くことができなかったのが、こういう球体なんです。
フリーハンドだからかもしれませんが・・・wってかプロがどうやって描いているかも知りませんw
描く事ができた時はすごく嬉しかったんです(^^)

 

 

・馬

2015-04-22 19.15.07
これは、馬のデッサンですw
馬を見ながら描いてもこんな風には描くことできないでしょうねw
でもこれでもいいんです(^^)

 

 

 

まとめ

こうして見ると、決してうまいとは言えない絵ばかりを描いています。
でも、私はプロではないし、趣味で描いています。

だからこそ、人と比べる必要ないということを知ることができたんですよね。

きっと学生だったら、先生にダメ出しもいっぱいされるだろうし、
絵が上手な人にバカにされることだってあると思います。
(実際にバカにされたことがあるから、一度絵を嫌いになっているw)

でも、私が伝えたいのは、人と比べて自分の方が劣っていると思ったり落ち込んだりする必要ないってことです。

 

人生って正解がないですし。
やりたいことがあるのに、自分には才能がないと諦めるのももったいないし。
親が敷いてくれたレールを生きなきゃいけない理由があるわけでもないし。

こうじゃなきゃいけない、◯◯じゃなきゃいけないというルールを守ることも大事ですが、そういうルールに縛られてずっと生きていくことほど苦しいことはありません。

 

一回しかない人生、生きたいように生きよう!!

俺は、楽しいから下手でもデッサンするし、公開するw

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事の著者

高居 翔

1988年生まれ 埼玉県出身 A型

趣味はバレーボールと読書。
もともと文章を書く仕事がしてみたかったので
今はメールとブログで伝える仕事に使命とやりがいを感じています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール


月間45万PVブログを運営する文章苦手な方専門のブログ集客コーチ高居翔です。

現在、自分の力で収入を得られるようになりたいと考えているけど、
Webが苦手、PC苦手、文章を書くのも苦手でなかなか前に進めない人が毎日無理することなく、
楽しく集客&セールスできるようになって自分の力で収入を得ることができる自分メディアビジネスをお伝えしています。
アフィリエイト初心者さんには、1ヶ月目から10万円を稼がせるコンサルも展開中です。

詳しいプロフィールはこちらから


無料E-Bookをプレゼント!

ページ上部へ戻る