fbpx
PC1台で自由なライフスタイルを手に入れる方法

起業したい、副業で稼ぎたい、今取り組んでいるビジネスにWEBを活用したい、そんな方に今すぐ学べるオンライン教材をプレゼント中

今すぐこちらをクリックしてGETする

デジタルコンテンツ商品の販売を成功させる鍵はセールスシステムにあり!

コンテンツビジネス

こんにちは、甲斐翔太です。

コンテンツの販売を自動化して収入を安定させたい、バックエンドの販売を効率化したい、と考えている方も多いと思います。

どうすればそれが実現できるのか?その答えは見込み客を集めて売る仕組みを使うことです。

私はこの仕組みを「セールスシステム」と呼んでいます。

セールスシステムを活用すれば、見込み客にコンテンツが自動で売れるようになりますし、そのおかげで主力商品であるコンサルティングやコーチングなどの高単価コンテンツも効率よく売れるようになります。

逆に言うと、ブログやYouTubeやSNSを頑張っても、このセールスシステムがなければなかなか収入は安定しないのです。そのセールスシステムについて解説していきますのでぜひ最後まで読んでみてください。

オンラインで商品を効率的に売るセールスシステムとは

セールスシステムというのは、下記の要素で構成されているコンテンツを売るための仕組みです。

・ランディングページ
・無料コンテンツ
・ステップメール
・セールスレター
・有料コンテンツ

なんとなくわかる方もいるかもしれませんが、これら5つの要素をすべて組み合わせることによってコンテンツの販売を自動化することができます。

このセールスシステムを使えば、知名度のない個人でも、多額な広告費を使わずに十分過ぎるほどの成果をあげることができるようになるわけです。

ランディングページとは

ランディングページとは、メルマガに登録してもらうページのことですね。稼いでいる方、結果を出している方たちは誰もが作っているかと思います。

逆に初心者や成果を出せない方というのは、ランディングページを用意せずにメルマガ登録フォームをブログやSNS、YouTubeに貼り付けいている方が多いです。

ただの登録フォームだけ用意しておいてもメルマガに登録してくれる人ってほぼいないんですよね。

だからこそランディングページを用意して、メルマガに登録するとどんなメリットがあるのか、どんな情報が得られるのかをはっきりと示す必要があります。

ぶっちゃけメリットがなかったら、メルマガなんて登録したくないじゃないですか。だから、メルマガ登録してくれた方にはプレゼントを用意するわけです。

無料コンテンツとは

無料コンテンツとは、メルマガ登録してくれた方にプレゼントするコンテンツです。

無料レポートやE-Book、動画、音声など、形式は何でもOKですが、無料だからといって手抜きで作るのはNGです。

というのも、この無料コンテンツが魅力的でなければ、人はわざわざメルマガに登録してくれないからです。

もちろん人によってメルマガ登録したくない理由は様々です。セールスされるのがイヤ、メールがたくさん来るのがイヤ、などなど。

そんな不安を超えてでも「欲しい!」と思える情報を詰め込んだ無料コンテンツを用意することが大事です。

ただし、最高の無料コンテンツが出来ても、それをランディングページで魅力的に見せることができなければ、登録してもらえないので、中身にだけこだわらないように気をつけましょう。

魅力的に見せるためにはコピーライティング力やデザイン力が重要になる、ということです。

ステップメール

ステップメールとは、登録してくれた方に自動で配信できる素晴らしい機能です。

基本的な使い方としては、1日1通ずつ配信設定して、数日後にセールスレターへ誘導する、というものです。

セールスするまでの流れをステップメールで予め組んでおけば、コンテンツが売れやすくなります。

内容については売るコンテンツに合わせて組むべきなので一概には説明できないのですが、できるだけ単純明快にしておくといいです。

例えば、「ダイエットは自己流で取り組むと失敗しやすい」みたいな価値観をお客さんにすり込んでおけば、いざダイエットのコンテンツを売る時にお客さんも納得しやすくなります。

ステップメールでは、セールスへの布石をしっかり打つ、これを意識しましょう。

セールスレター

セールスレターとは、コンテンツの販売ページのことです。

コンテンツがどんなものなのか、どんな悩みが解決できるのか、どんな実績があるのか、などを解説していくページですね。

大事なことは、読んでくれたお客さんに「必要性」をしっかり認識してもらい、「欲しい」と思ってもらうことです。このどちらも満たすことができれば、売れるセールスレターになります。

女性は割と「欲しい」という気持ちで衝動的に動く方が多いですが、男性は論理的に考える方が多いので、必要性をしっかりと考えます。

ですので、「必要性」と「欲求」の2つをしっかり伝えるようにしましょう。

必要性に訴えるのであれば、手に入れることで得られること、手に入れないと失うことを明確に伝えることです。

欲求に訴えるのであれば、未来を見せる、ということが挙げられます。

ダイエットのコンテンツで例を挙げてみると、、、

・必要性の場合
「このコンテンツを手に入れずに自己流のダイエットを取り組んでいればいつになっても痩せられないまま、時間ばかりを無駄にすることになるでしょう」

欲求の場合
「このコンテンツの内容を毎日30分取り組み続ければ1ヶ月後にはマイナス3キロも可能です。それだけ痩せることができれば、周りのあなたを見る目が確実に変わり、異性からちやほやされることでしょう」

こういった文章と一緒にイラストや写真を合わせれば訴求力を高めることができます。

有料コンテンツ

有料コンテンツとは、そのままですね。お金を支払ってくれた方にお渡しする有料商品のことです。

この有料コンテンツも、動画、音声、PDF、など形式は何でもOKです。

もちろん有料コンテンツですから、できるだけ具体的なノウハウを掲載していくことが大事です。無料コンテンツよりも詳しく、わかりやすく、具体的に、ということを意識するといいと思います。

ただし、コンテンツの制作を完璧にしようと意識しすぎてしまうと、制作に莫大な時間と労力がかかってしまいます。それこそコンテンツの制作に1年という歳月をかけてしまう方もいます。

それだけの時間をかけてしまうと成果が出るまでに非常に時間がかかります。

ですので、有料コンテンツとはいえ、できるだけ短時間で制作するということを意識しましょう。

SNSやブログよりも先にセールスシステムを構築すべき理由

情報発信ビジネスとか、ネットビジネスという言葉から多くの方は、とりあえずブログを作ったりSNSを始めたり、YouTubeを始めたりしがちです。

もちろん、情報発信をしなければ集客ができないので絶対にやるべきです。

しかし、ブログやSNSやYouTubeの更新だけに時間を使ってしまうと、なかなか先に進めません。実際ブログだって1記事書くのに2〜3時間かかりますし、YouTubeだって撮影と編集を合わせれば2〜3時間はかかります。

正直商品を売る仕組みができていない状態でそれだけの時間を毎日使っても売上には繋がりません。

だから先にセールスシステムを構築し、売上が上がる仕組みを作ることが大事なのです。

ブロガー・YouTuberを目指すのではなく、リストを集める意識を持つ

ネットビジネス・WEBビジネスで起業独立を目指す方法として、ブロガー・YouTuberなどの方法もあります。

しかし、これらの方法で稼ぐというのは、むっちゃしんどいです。

YouTubeだって芸能人の参入が本当に増えてきていますから、よくわからない素人の動画なんて見ません。しかもエンタメ系ならなおさら。

正直YouTuberという働き方もかっこいいですし夢もあります。

でも、ビジネスYouTuberとしてリストを集めて自分のコンテンツを売る方が圧倒的に効率が良いですしチャンスがまだまだ落ちています。

ブログも同じですね。正直もうSEOでアクセスを集めるのもかなりしんどいです。毎日3記事くらい書き続けられるならまだチャンスはあります。でも、現実的にそれだけの時間を確保できる人は少ないと思います。

僕もブログは複数運営していて、いまもなお放置ブログから収益が出ていますけど、それでも今からフルコミットしたいかというと、ちょっと考えてしまいますね。

でも、リストを集めるためにブログを更新するのであればまだまだチャンスはあります。かなりニッチなキーワードでコツコツ上位表示させてリストを集めればいいだけですから。

ブロガー・YouTuberを目指すのではなく、リストを集めるために情報発信をする、という意識をしっかり持ちましょう。

低価格コンテンツの購入者に高価格商品を案内する

このセールスシステムを2つ掛け合わせれば、低単価コンテンツの販売後に高単価コンテンツの案内も自動化できます。

経験あると思いますが、買った直後に「今だけこちらの商品もお安く提供できます!」みたいにオファーされることってありますよね?そういう時って「あ、今だけなのか」って思うと買わなきゃって思ってしまいますよね。

これはコンテンツビジネスだけに限った話ではありません。

例えばスーパーやコンビニのレジ横商品も同じですし、カフェで「ご一緒に期間限定のドーナツはいかがですか?」とオファーされるのも同じです。最近はAmazonやuber eatsなんかでも「こちらもよく一緒に売れています」みたいな宣伝文句でセット購入させようとしてきます。

私たち人間は、お金を払う瞬間や払った瞬間が一番財布の紐がゆるむんです。だからこそ、ここでしか買えないとか、今だけの限定価格とか言われてしまうと「ついでに買うか」みたいな感覚になるのです。

その仕組みを自動で組み込むことができれば、自然と売上は上がる、というわけですね。

まずはセールスシステムの構築から始めよう

ブログやYouTubeで情報発信したい気持ちはよくわかります。その方がビジネスをしている感覚も強いですしね。

でも、まずはセールスシステムを30点でも50点でもいいから作りましょう。

情報発信はそれからでも遅くありません。じゃないと売上に繋がらないので絶対挫折してしまいますから。

まずはセールスシステムを作る、それから情報発信をして、ランディングページにアクセスを送る、そこから数字を見て改善をしていくことが大事です。

とにかくセールスシステムの構築を最優先していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました