ブログのネタ切れに困った人でも書けるようになる5つのコツ

文章を書いていく上で大事なことは、あなた自身の言葉で書いていくことになります。つまり、誰かの文章をパクっても意味がないのです。あなたが感じ、あなたが考え、あなたが実際に経験したことを書くから意味があるのですから。

とは言っても、ブログを書き続けようと頑張ってもネタ切れになっちゃいますよね。私もネタ切れになって何を書いていいのかわからなくなることが多かったです。

すでにあなたがブログに取り組んできた経験があるならきっとぶつかったことのある壁だと思います。ネタがなくてブログが書けないってのはぶっちゃけあるあるですからね。じゃあどうれすればいいのか?そのあたりをこれから解説していきます。

スポンサーリンク

ネタ切れの怖さ

ネタが切れるってのは結構危険です。
定期的にブログを更新する人って多分ネタに困らなくて、何かあればすぐブログに書くことができる人だと思うんです。しかしながら、私のような普通の凡人には、なかなかそこまで鋭い感性を持っていないので、ネタが切れてるとどうにもやる気が出なかったのです。

で、これって結構アフィリエイトで稼ごうと思っている人は多いのではないでしょうか?

お金を稼ぐことが目的だからこそ、ブログを書くことができないわけです。でもブログを続けることができる人たちは、お金を稼ぐことよりもブログを書いて楽しみたいという人が多いんですよね。

つまり、ブログを書くのは好きじゃないけど、稼げそうだからやってみるか!という状況で始めると危険だということです。そうなれば、毎日書くネタに困るのは明らかですしね。

そして、ネタが切れると余計にやる気をなくします。最初はパソコン開いてネタ探しをするわけですが、だんだんそれすらもやらなくなって更新が途絶えてしまうのです。一度やらなくなると、どんどん遠ざかっていくから怖いですよね。

 

 

ネタは仕入れる

ってことで、大事になるのが、ネタは自分で仕入れようぜ!ってこと。

とりあえずブログネタになりそうなものを買って使ってみる。やってみる。行ってみる。読んでみる。見てみる。聞いてみる。とにかくこういうことが大事だってことです。

実際に商品を使って紹介しているテレビショッピングを見てみて下さい。説得力めちゃくちゃあると思いませんか!?w
そして見ていて結構面白いと思いませんか?元々欲しかったものが紹介されていれば、見ちゃいますよね。

それはブログも同じです。もちろんあなたが考えたこととか感じたことをブログ記事にすることができるのであれば、それでもいいんです。でも、ネタに切れているのであれば、ブログに書くために何かを買ってみたりやってみたりするのは効果的だということですね。

 

 

専門家になったつもりで書く

ブログを使って集客したり、アフィリエイトで商品を販売したりするのに大事な考え方は、結局どれだけ専門家になることができるか、ということです。

ダイエットの専門家としてブログを書いている人と、ダイエットに興味のある人としてブログを書いているのでは、どっちの方がダイエット商品を売ることができるのか?ということです。

当然前者なんです。もちろん興味ある程度の人だとしても、知識をたくさん取り入れてダイエットに関する記事をたくさん書いていれば、読者さんからすれば、専門家に見えます。つまり、それだけたくさん書くことが重要だってことなんです。

それこそ、あなたがアフィリエイト主体ではなく、集客を目的としたブログを作り上げるのであれば、なおさら必要なことでしょう。どれだけ専門家になれるかが最初の信頼度に関わりますからね。やっぱり中身があまり濃くないブログ記事ばっかりだと信用できないですから。

濃い内容を書くことを意識するのであれば、それだけ濃い知識の吸収と細かいレビューが必要だということですね。つまり、どれだけネタを仕入れることができるか、どれだけ自分で体験して、それを細かく伝えることができるかということです。

そのあたりを意識するようになると、ネタを仕入れることの重要性に気づくので、ブログを続けることはそこまで難しいことではないんですよね。

 

 

誰かとネタを被らずに書くのは正直難しいから大丈夫

結構悩む人が多いのは、誰かとネタがかぶるんじゃないかってことですよね^^;

後から書いたらパクったように思われるし、そうなるとすごく嫌ですもんね。わかりますわかります。

でも、もはやこの世の中で誰ともネタが被らないことって多分ほとんどないんです。そもそも私が書いているこの記事の内容だってすでに相当数の人が書いてる可能性がありますしね・・・

でも、そんなことを気にする必要はないのです。というか気にしたらブログなんて多分誰も書けないと思います。結局は、あなたの考えたことや体験したことを素直に伝えればそれでいいんです。人柄が見えればそれでいいんです。それはあなただけの意見ですからね。

結局、人と差別化することができるのは、あなた自身が考えたこととか思ったこととか、感じたことなのです。それを恥ずかしげもなくブログに書いてしまいましょう。それが1番あなたらしいブログになるはずです。

この記事の内容だって私が実際にブログを書いてきて、ネタ切れに困って、ネタ切れを克服するためにやって良かったことを紹介しているわけです。

どこかに書いてある内容をそのままパクって書いていた時期もありました。でもそれじゃあつまらなかったし、実際に集客できなかったし、売上も上がりませんでした。

だからこそ、自分でネタを仕入れること、自分で経験して記事を書く方が集客もできるし、売上もいいし、SNSもシェアしてもらえるし、SEOにもいいということを認識したわけです。

 

 

うまく書こうとしない

ブログのネタに困っている時ほど、文章が書けなくなるので、焦りますよね。そうなると感じるようになるのが、「うまく書かなきゃ」とか「良い記事にしなきゃ」って思ってしまうのです。

なんというか、完璧主義に近い感じですかね。私もしょっちゅう思ってました。とにかくつまらない記事を書いてはいけないと思っていたのです。でもその完璧主義は必要ありません。

最近ではコンテンツSEOと呼ばれ、質が大事であると確かに言われています。質が高い記事ほど読まれるからSEOに有利だということですね。

これは紛れも無い事実です。特に被リンクが貼られていない私の別のブログ記事は、月間検索数1万を超えるキーワードで検索結果1位を取っています。つまり質の高い記事を書くことができれば、検索エンジンからのアクセスを集めることができるというわけですね。

とはいっても、完璧主義になるあまり、記事を更新できないのでは本末転倒ですからね。やっぱりそれなりに記事数の更新だって必要になります。だからこそ、うまく書こうと思いすぎるのは辞めましょう。

 

 

まとめ

ブログのネタに困るのであれば、まずは、ネタを仕入れることを意識するべきです。つまりアウトプットするためにインプットを多くするということですね。

そのために大事なことは、使ってみる。やってみる。行ってみる。読んでみる。見てみる。聞いてみる。
このようにあなた自身がまず経験すること、そして経験した上で感じたこと、考えたこと、学んだことなどがあれば、自然に記事を書くことができるようになるということです。

常にそういった視線でブログ記事を書いていくと楽しくなってくるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事の著者

高居 翔

1988年生まれ 埼玉県出身 A型

趣味はバレーボールと読書。
もともと文章を書く仕事がしてみたかったので
今はメールとブログで伝える仕事に使命とやりがいを感じています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール


月間45万PVブログを運営する文章苦手な方専門のブログ集客コーチ高居翔です。

現在、自分の力で収入を得られるようになりたいと考えているけど、
Webが苦手、PC苦手、文章を書くのも苦手でなかなか前に進めない人が毎日無理することなく、
楽しく集客&セールスできるようになって自分の力で収入を得ることができる自分メディアビジネスをお伝えしています。
アフィリエイト初心者さんには、1ヶ月目から10万円を稼がせるコンサルも展開中です。

詳しいプロフィールはこちらから


無料E-Bookをプレゼント!

ページ上部へ戻る