自分には何ができるかを悩み続けると一生悩んでしまう4つの理由と3つの解決策
PC1台で自由なライフスタイルを手に入れる方法

起業したい、副業で稼ぎたい、今取り組んでいるビジネスにWEBを活用したい、そんな方に今すぐ学べるオンライン教材をプレゼント中

今すぐこちらをクリックしてGETする

自分には何ができるかを悩み続けると一生悩んでしまう4つの理由と3つの解決策

自分には何ができるかを悩み続けると一生悩んでしまう4つの理由と3つの解決策 俺の信念・価値観

こんにちは、甲斐です。

「自分には何ができるのか?」
「自分にしかできないことって何なのか?」

そんなことを考えるブロガー志望、アフィリエイター志望、起業家志望などの方が多いと思います。

私も誰にも負けないなにかを探し続けていたことがありましたし、自分にできることを探していました。
でもどんだけ考えても見つからなくて、ぐるぐる悩み続けてたんです。

私達が行動できなくなる原因のひとつが、自分にできることはなにかと考えることなんです。

ビジネスには必要不可欠な気がしますよね。でも自分にできることはなにかを真剣に考えてしまうと、答えがなかなか見つからず、ずっと悩み続けてしまうというわけです。

できること・自分にしかできないことを探し続けてしまう4つの理由

なぜ自分にできることや自分にしかできないことを、私達は探し続けてしまうんでしょうか?

私自身やクライアントとの対話を通して気付いたのが以下の4つの理由です。

・なにか秀でた才能とか天職があればうまくいくという思い込み
・自分の強みがないとビジネスで生き残れないという思い込み
・自分の好きや得意を活かさなきゃ続かないという思い込み
・今さら新しいことを始めても無駄だという思い込み

なにか秀でた才能とか天職があればうまくいくという思い込み

活躍している人たちを見ていると、才能に恵まれているなーと感じることも結構ありますよね。

サッカー選手とか野球選手といったアスリートたちは、恵まれた身体能力を幼い頃から持っている人も少なくありません。

ビジネスの世界でも同じですね。ファッションデザイナーとか建築士とかってすごくセンスが光る仕事だと思いますし、セミナー講師とか講演家という方たちも話をするのがすごく上手ですよね。

そういうのを見てしまうと、自分も何かしら才能や天職を発見すれば、成功できるかもしれない、という思い込みをするようになります。

私はそのことに学生時代から気付き、その後ずっと探し続けてきました。自分にとっての天職は何なのか、自分が持っている才能は何なのか、それを見つけるためにあらゆる書籍を読み、あらゆるワークをしてきた、というわけです。

あなたも私と同じように才能や天職さえ見つかればうまくいくと考えて悩んでいませんか?

自分の強みがないとビジネスで生き残れないという思い込み

ビジネスの世界で生き残っていくためには「自分の強みはこれだ」というものがないとダメだと思ってしまっていませんか?

確かに強みはあった方がいいです。ライバルとの差別化ポイントにもなるし、強みがあるからこそ仕事の依頼を頂くこともあるはずです。

そして世の中で活躍している起業家さんたちも必ず何かしらの強みを持っています。教えるのが上手とか、スキルが高いとか、仕事が丁寧とか、部下の育成が上手とか。

私も自分にはどんな強みがあるんだろうって長いこと考えてきた経験があります。それこそブログとかメルマガでそういった強みをうまく見せないとお客さんを集められないって思ってました。

でも強みというのは、人一倍の努力とか積み重ねによってできるものなんですよね。いわゆる知識とかスキルとか経験とか。

今の自分の中から一生懸命強みを見つけるんじゃなくて、長年培ってきたからこそ出てくるのが強みなんです。

コミュニケーション力に強みを持っている方というのは、営業経験が長いとか。
教えるのが上手という方は、塾講師だったとかサポート業務をしていたとか。

そういう経験から生まれるのが強みなんです。だから自問自答しても自分の強みはわからないというわけです。

自分の好きや得意を活かさなきゃ続かないという思い込み

またビジネスで活躍している人たちには、「好きなことが仕事だから楽しい」という方も多くいらっしゃいますよね。

漫画家さんとかアーティストさんとかアスリートとか。

そういった好きを仕事にしている人たちは、好きだからこそ人の何倍も頑張れて、何倍も頑張れるから仕事になっている、という構図が出来上がります。

だから私も「好きなことや得意なことを活かせば仕事になる」と思い、自分の好きなことを探し始めたんです。

「これだ!」と思える好きなことが見つかれば絶対に成功できる、という思い込みですね。

でも好きなことって考えて見つかるものじゃないんです。好きなことというのは、気付けば考えていたり気付けばやっていたりするものなんです。

一生懸命探そうとすればするほど見つからないので、ぐるぐると迷走してしまうんです。

今さら新しいことを始めても無駄だという思い込み

そして自分には何ができるかを考えてしまう理由として最後に挙げられるのが、「今さら新しいことをしても遅い」という思い込みです。

1から始めてもどうせムリだって思ってしまうんでしょうね。私も同じでした。

自分にできることを探すばっかりで、新しく自分にできることを増やすという思考はありませんでした。だからずっと自分探しを続けるんですよね。

でも、何かを始めるのに遅いということはないと思っています。今からでも十分できるようになるんですよね。

私の祖母は、還暦を越えてから自分の工房を作り、そこでおまんじゅうや大福を作って販売しています。そしてたくさんの雇用を生み出し地域に貢献しているんですね。そしてまもなく80歳になりますが、毎日朝早く仕込みに行って大福やおまんじゅうを作っています。

何かを始めるのに遅いなんてことはないんです。

やりたいと思った時に素直にやればいいだけです。できるかどうかをうじうじ考えてしまうと先には進めないし、いつまでも自分には何ができるかを考えてしまうということです。

自分にしかできないことを探すのをやめる3つの方法

原因はわかりました。では対策です。

自分にしかできないことや自分にできることを探すのをやめる方法は以下です。

・できるかどうかよりもやりたいを優先させる
・今やらなきゃいけないことを明確にする
・とりあえず目の前のことに淡々と無心で取り組む

できるかどうかよりもやりたいを優先させる

私達大人はついついできるかどうかで物事を判断します。特にビジネスでは顕著に現れます。

これは自分にはできるかな?と考えると、大抵できなかったらどうしようって気持ちが出てくるんです。そしてできなかった時の損失を考えてやらないわけですね。

でも子どもはできるかどうかではなく、やりたいかどうかで物事を判断します。だから、どう考えてもできないことだったとしても「やりたい!」と言ってダダをこねます。

でも失敗して怒られたり叱られたり、恥ずかしい思いをしたりバカにされたり、そういう経験からチャレンジ精神がどんどんなくなります。

私は小学生の時がまさにそうでした。低学年くらいまでは何でもやりたいって思っていましたし、何でもできると思っていました。でも、バカにされたり怒られたり叱られたりといった経験から、あまりチャレンジしない性格になったわけです。

授業中の挙手なんてほとんどできなかったですし。

そして通知表で積極性とか向上心という項目に「がんばろう」がたくさん付いたんですね。その結果、父親に1日中説教されました。その反動で余計に積極性がなくなりました。

今でもセミナーとかで人前で話すのは苦手ですし、全体で質問は愚か、個人的に質問にすら行けない性格です。

そういう経験から失敗に対してすごく恐怖を感じるようになり、いつのまにかできることしかやらなくなったわけです。そしてできるかどうかを優先して考えてしまう癖が付いた、と。

でも、自分にできることをうじうじ探すのをやめるためには、できるかどうかで考えないことです。

僕はブログとメルマガで脱サラ独立し、自由を手に入れました。でも、独立する前や副業を始める前は、「ブログで独立して自由になりたい」と思っても「ブログなんて自分にできるかな?」と考え、毎回「自分にはできない」と思っていたんです。

だからこそブログとかメルマガじゃなくて、自分にしかできないことは何かをずっと探していたんです。

でもたくさんの方からアドバイスを受けて気付いたのが、「自分のやりたいことをやった方がいい」ということだったんです。

あなたもできるかどうかを考えず、やりたいかどうかで物事を判断するようにしましょう。

今やらなきゃいけないことを明確にする

自分には何ができるか?ということを考える前に、やらなきゃいけないことを明確にしましょう。

ビジネスをしたい、起業したい、独立したい、自由になりたい、そんなふうに考えているのであれば、何ができるかなんて考えるよりもお金を稼ぐことの方がよっぽど重要です。

実際お金があれば大抵のことは解決できますし。

だからこそお金を稼ぐためにやらなきゃいけないことを明確にしましょう。

ブログであれば、自分にはどんなことが書けるかを考えるよりもお金を稼ぐために何を書けばいいのかを明確にすべきです。

自分に書けることを探すからいつになっても見つからない、というわけですね。お金を稼ぐためには何を書けばいいのかを学び、そのまま実践すればいいのです。

私はそうやって結果を出してきました。自分にできることを探すことも大事ですけど、お金を稼ぐ方が大事ですからね。

とりあえず目の前のことに淡々と無心で取り組む

そして、うじうじ悩まないためには、目の前のやるべきことを淡々と無心で取り組むことがすごく重要です。

あまり深く考えず、お金を稼ぐためにやるべきことを淡々とこなすだけです。

どうしても自分にしかできないこととか、自分の好きなことを活かそうとか、余計なことを考えてしまいます。

でもビジネス初心者の状態で、自分にしかできないこととか強みとかそういう物を探したって見つかりません。だからこそ淡々とやるべきことをこなしていくことが一番大事だということです。

ブログを書くとかメルマガを書くとか、そういった作業をとにかく繰り返していれば、必ず成果は出ます。成果を出し続ければ自分にしかできないこととか自分の強みが発見されます。

そうすれば、売上や利益は右肩上がりになる、ということです。

できることは、淡々と行動していれば必ず増える

自分にできること、自分にしかできないこと、自分の強み、などなど・・・

これらがあるとビジネスに打ち込める気が確かにします。

でもビジネス初心者の状態で最初からそれが明確になるわけがないんです。だからこそ初期はとにかく手を動かし続ける事が大事だということですね。

未来の自分は過去の自分の積み重ねです。ビジネスをスタートする時には何もなくても1年2年3年と続けていけば必ず強みとかあなたにしかできないことが見つかります。

まずは目の前のやるべきことを淡々と取り組んでいきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました