息子が6ヶ月になって父親として考えていることや感じていること
PC1台で自由なライフスタイルを手に入れる方法

起業したい、副業で稼ぎたい、今取り組んでいるビジネスにWEBを活用したい、そんな方に今すぐ学べるオンライン教材をプレゼント中

今すぐこちらをクリックしてGETする

息子が6ヶ月になって父親として考えていることや感じていること

生後6ヶ月の息子 育児

どうも、甲斐です。

12月に生まれた息子が生後6ヶ月になりました。

今の気持ちを忘れないためにも育児カテゴリーとして記事を書いておこうと思いました。

もしかしたら、同じように6ヶ月のお子さんがいるお父さんお母さんには共感してもらえるかな、と。

生後6ヶ月の息子のマイブーム

舌を出してブーブー鳴らして唾液を飛ばしまくる
抱っこしてると洋服がびしょびしょになるまで舐める
腕と足をバタバタ動かしまくる
お着替えがとりあえず嫌い
お風呂で「かけるよ」というと顔を隠す
離乳食大好き
足を持ち上げて足で遊ぶ

こんなことが最近の出来事ですかね。

とにかくいろんな遊びができるようになり、いろんなことを日々しています。

舌を出してブーブー鳴らして唾液を飛ばす遊びはいつのまにか始めました。まじで急にやり始めたのでこっちも結構びっくり(笑)

そしてよーく動きます。寝てても右向いて左向いて。起きている時には寝返りして寝返り返りして。仰向けで足を上げて掴んで舐めようとして(笑)

もう寝ている時ですら目が離せない状態になってきましたね。

また、お風呂では言葉を理解し始めました。というのもいつも一通り洗ったら、顔に手ですくったお湯をかけたり、頭からシャワーをかけたりしています。

で急にかけるときっと泣くので「かけるよ〜」という声がけをするようにしていたんです。沐浴が終わった1ヶ月半くらいからずーっと続けていたんですけど、6ヶ月になったら顔を隠すようになりました!

「かけるよ〜」と言った瞬間顔を僕の身体に埋めるので確信犯です(笑)少しずつ理解しているんだなーって嬉しくなりました。

生後6ヶ月の父親の心境

で、実際に息子と半年間過ごしてきて父親としてはどんな心境なのかを考えてみました。

息子がめちゃくちゃかわいい
見ているだけで癒やされる
仕事そっちのけで息子と遊んだり出掛けたりしたい
どこに行っても息子が一番かわいいと思う

まさに子煩悩です。

私は確かに子どもは好きな方だと思いますし、変な自信ではありますが子どもに好かれる方だと思います。でもここまで自分の子どもがかわいいと思わなかった、というのが本音ですね。

正直子どもが生まれても、ライフスタイルはそこまで変化しないと思っていました。でも、気付けば子ども最優先で考えています。

また仕事そっちのけで息子と遊んだり出掛けてしまうほどです。

多分、同じ時間を過ごせば過ごすほど子どもがかわいいと思えるんじゃないかなって思います。土日だけ一緒にいるのと、毎日一緒にいるのとでは絶対変わってくるはずです。

で、なかなか子どもの面倒を見てくれない父親は、もっともっと子どもと一緒に過ごす時間を確保すべきですね。一緒に遊びに出掛けたり、家で遊んだり。私はこの半年間のうち、ほとんどの時間を息子と一緒に過ごしていますからね。

時間的な自由によって息子の成長すべて見れる幸せ

私は仕事をするのに場所は問いません。それこそ家でもいいし、旅行先でもいいし、カフェでもいい。パソコンとインターネットさえあれば、基本的にはどこにいても仕事ができます。

そんな仕事をして時間的な自由を手に入れたかった最大の理由は、家族と同じ時間を過ごすためです。

「世界中を旅行しながら仕事をする」とかもしてみたいですけど、それよりも私にとって大事だったのが「家族との時間」なんです。

会社員として働いていたら、息子と過ごす時間よりも他人と過ごす時間の方が長くなります。それが楽しいという人もいるでしょうし、たくさんの人と出会いを楽しみたいという方もいるでしょう。

でも私にとっては、家族が一番だったんです。「家族と過ごす時間を長くしたい」それが理由で頑張ってきた、ということですね。

そして半年間息子と過ごしてみて、本当に毎日が楽しいです。目まぐるしい成長に頬が緩みっぱなしです。今の仕事をしていて本当に良かったと感じますね。

ぜひ、子どもと過ごす時間を長くして、今しかない時間を大切にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました