GoogleAnalyticsの過去データが5月25日以降消えます。保持期間を無期限にしておこう
PC1台で自由なライフスタイルを手に入れる方法

起業したい、副業で稼ぎたい、今取り組んでいるビジネスにWEBを活用したい、そんな方に今すぐ学べるオンライン教材をプレゼント中

今すぐこちらをクリックしてGETする

GoogleAnalyticsの過去データが5月25日以降消えます。保持期間を無期限にしておこう

ブログのアクセスアップ

こんにちは、甲斐です。

GoogleAnalyticsの過去データが5月25日以降、自動的に削除されるようになります。

今までは取得から現在までのデータを閲覧できたんですが、何も設定しなかった場合、26ヶ月分までしか遡れなくなります。

私なんかはこのブログも5年目とかに突入しているので、初期のデータが完全になくなるということですね。最新26ヶ月分しか保持できないとなると2年ちょっとですから。

では、過去データが消えないようにするための設定を紹介しておきます。

GoogleAnalyticsのデータ保持期間を無期限にする方法

まずはAnalyticsの画面を開きましょう。

そしたら左側のメニューの一番下の「管理」というところをクリックします。

 

「管理」をクリックすると以下の画像の表示になります。

中央のプロパティ欄の「トラッキング情報」というところクリックします。

 

「トラッキング情報」というところをクリックすると、スラーって下にメニューが出てきます。

そのメニューの中の「データ保持」というところをクリックします。

 

「データ保持」をクリックすると以下のような表示になります。

ここで「ユーザーデータとイベントデータの保持」と書いてある横の「26ヶ月」ってところを「自動的に期限切れにならない」を選択しましょう。

そして「保存」を押します。

以上で終了となります。

 

ブログを複数持っている場合は、それぞれ設定する必要があります

私は複数ブログを運営しているので、ブログすべてを個別にこの設定をしました。

ひとつのブログをやっておけば他のブログのデータも保持するわけではないので注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました