ブログやメルマガで情報発信するネタが思い浮かばない時は、情報発信するテーマから見つめ直そう
PC1台で自由なライフスタイルを手に入れる方法

起業したい、副業で稼ぎたい、今取り組んでいるビジネスにWEBを活用したい、そんな方に今すぐ学べるオンライン教材をプレゼント中

今すぐこちらをクリックしてGETする

ブログやメルマガで情報発信するネタが思い浮かばない時は、情報発信するテーマから見つめ直そう

コンテンツビジネス

こんにちは、甲斐翔太です。

ブログやメルマガ、さらにはコンテンツビジネスなどを始めるにあたって多くの相談を受けるのが、

「発信していくネタがない」

というものです。

発信していくネタというのは、ちゃんとリサーチしてターゲット設定が絞れていればなくなることはないはずです。

しかし、多くの方はすぐにネタが切れてしまって、10記事ほどで「もう書くことがありません」と相談されます。

そんな対策を結論からお伝えすると、、、

情報発信するテーマを見直し、
ターゲットを見直し、
ターゲットの細かい悩みまで見直す

ということになりますね。

情報発信するテーマの見直し

まずはあなたが情報発信していく内容を見直していきましょう。

どんな情報発信をしていくのか、というのが当然続けられるかどうかを決めるポイントです。

私はこのブログで「ブログとメルマガでお金を稼ぐ方法」を情報発信しています。ブログとメルマガ、コンテンツビジネスやアフィリエイトのノウハウを公開しているわけですね。

そして実際に私がブログとメルマガでお金を稼ぎ続けているからこそこのブログも続けることができているのです。

しかし、ブログが続かない人の多くは、「ダイエットの方法」を情報発信しようと決めたにもかかわらず、ダイエットをしていない、というのがほとんどです。

ダイエットの情報発信をしていくのに自身がダイエットに取り組んでいないからすぐにネタが切れてしまうのです。

これはどんなジャンルでも同じです。例えば美容。美容に関して情報発信していこうと思っているけど、美容に全く関心がなく、新しいコスメや化粧品を使わない。だからブログもメルマガもSNSもYouTubeも何を発信していいのかわからないから続かないのです。

今あなたが発信しようとしているテーマ、これからも継続的に取り組もうとしているものでしょうか?

もし、違うという場合はこの先間違いなくネタ切れを起こしますので、違うテーマに変えていきましょう。

ターゲットの見直し

発信していくテーマが決まったのであれば、発信する情報を求めている人がどんな人なのかを具体的にしていきましょう。

お金を稼ぐ方法について情報発信していく場合、お金を稼ぎたいと思っている人はどんな人なのかを設定していきます。

サラリーマン、主婦、大学生、ニート、フリーター、などあらゆる属性の人がいますよね。どの属性の人に向けて発信していくのかを考えると自然と書くべき記事が見えてきます。

例えば、サラリーマンに向けて書くのとニートに向けて書くのとでは全く違うはずです。

サラリーマン向けに書くとなると、時間はないけど資金がある可能性があります。そうなると投資で稼ぐ方法などが結構人気です。

でもニート向けに書くとなると、時間はあるけど資金がない可能性があります。そうなると、アフィリエイトで稼ぐ方法などが人気になりますよね。

誰に向けて書くのかを決めるだけでも書く内容が全く変わるということです。

ターゲットの細かい悩みの見直し

さらに、ターゲットがある程度決まれば、さらに細かい悩みを考えることができるようになります。

サラリーマンがターゲットであれば、時間がない、給料が少ない、というだけではなく、通勤時間が長いとか、人間関係が悪いとか、拘束時間が長いとか、残業が多いとか、飲み付き合いが面倒とか、いろんな悩みが出てくるはずです。

それらの悩みごとはブログ記事のネタに繋げやすいので、細かい悩みを出せるだけ出せるとネタに困らなくなる、ということです。

友人知人に聞いたり、知恵袋などでリサーチすることによっていくらでも悩みを見つけることができますので、アンテナを高く張りましょう。

軸がまっすぐならネタは切れない

ブログを書き続けることができないとか、情報発信し続けるネタがないとか、そういう悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

でも、ブログで発信する内容、ターゲットの設定、ターゲットの細かい悩みを明確にしていれば、基本的にネタはなくならないはずです。

ネタがなくなってしまっている場合は、この3つのいずれかがしっかりしていない、ということが考えられます。

ぜひこの3つを定期的に見直してみてください、そうすればブログを続けるのは簡単になっていきますので。

コメント

タイトルとURLをコピーしました