fbpx
PC1台で自由なライフスタイルを手に入れる方法

起業したい、副業で稼ぎたい、今取り組んでいるビジネスにWEBを活用したい、そんな方に今すぐ学べるオンライン教材をプレゼント中

今すぐこちらをクリックしてGETする

バックエンド商品、高額商品を用意して怖がらずに堂々とセールスできるようになる方法

セールスコピーライティング

コーチやコンサルタント、プロデューサーとして独立を考えている方やこれから売上を伸ばしたい方には、必ず高額商品、バックエンド商品を用意しましょうと私はいつも指導しています。

というのも高額商品があれば、月商100万円や200万円といった多くの方が目標にしている金額を稼ぎやすくなるからですね。

だからこそ1万円の商品や2万円の商品を販売するだけで終わるのではなく、コンテンツを買ってくれた方にこそ、バックエンドとして個別コンサルティングや個別コーチングなどの高額な商品を販売してほしいんです。

でも、多くの方は「自信がありません」「相手に悪い気がしてしまいます」「相手との関係が切れるのが怖いです」「相手に嫌われてしまうのが怖いです」などを相談されますね。

まあわかります。私もセールスするのはドキドキしましたし、断られたらどうしようって思ってましたし。

では、どうすればいいのかというと考え方を変えるしかありません。それは、あなたがセールスしないと誰も幸せになれない、ということですね。

あなたがセールスしないと誰も幸せになれない理由

セールスって緊張するし、断られたらどうしようって思うし、色々と不安になることも多いですよね。相手に嫌われたくないって思うし、相手からお金を頂くのも悪い気がしてしまう、という方も少なくないと思います。

でも、あなたがセールスをしなかったら、誰も幸せにはなれません。セールスして初めて幸せになれるのです。

洋服屋さんであなたが買い物をしていたら・・・

例えば洋服が欲しいと思って洋服屋さんに行ったとします。自分で洋服を見ながら歩いていても、なかなか自分の好みに合う洋服が見つからない時ってありますよね。

そういう時ってお店を出て違う店に行くという選択肢がほとんどだと思います。でも、店員さんが話しかけてくれてあなたの好みの洋服を持ってきてくれたらどうでしょうか?嬉しくないですか?そしてその洋服が欲しくなって予算内であれば買ってしまう、ということもあると思います。

そして、好みの洋服を買えたあなたは満足して「ありがとうございました」と言いながらお店を出ることができるのです。洋服を買えたことで幸せを感じている、というわけですね。

あなたが洋服屋さんの店員さんだったら・・・

今度は店員さんの立場になって考えてみましょう。洋服を見ているお客さんに話しかけて好みを聞き出すことができたら、勇気を持って洋服を提案していきます。もしかしたら「好みじゃない」と言われてしまうかもしれません。でも、気に入ってもらえればあなたの売上に繋がります。

ドキドキするけど、勇気を持って提案してみたところ、お客さんは喜んで買ってくれました。

あなたはお客さんから感謝されて、しかも売上を得ることができました。お客さんに勇気を持ってセールスしたことで幸せを感じている、というわけです。

お客さんが買ってくれなかったら、不幸になる?

気になるのはここですよね。いろいろと好みを聞き出して勇気を持って提案したにもかかわらず、「いらないです」と言われたら不幸になるのでしょうか?嫌な気持ちになるのでしょうか?

よく考えてみて下さい。

ならないですよね。そう、セールスして断られたくらいでは嫌な気持ちにならないし、不幸にはならないんです。だって損はしていないわけですから。

お客さんに提案して、マイナスになることはありません。お金を払うこともありませんし、謝罪する必要もありません。ただ相手が断ったというだけです。

あるとすれば悔しさですかね。お客さんの好みの商品を提案することができなかった、という悔しさです。でも、その悔しさは次のセールスの時に活かすことができるので経験として非常に大切です。

セールスするというのは、怖いことでもないし、損をすることもないし、不幸になることもないのです。失うものは何もないのです。

基本的にはセールスというのは、する方もされる方もお互いが幸せになれるものです。セールスしなければ、あなたも相手も現状のままなのです。だからこそセールスはすべきなのです。

セールスはそもそも断られることの方が多いから、過度な期待はしない

両者が幸せになれるセールスですが、だからといってセールスが成功する確率の方が高いのか?というとそんなこともありません。

現実的なことを言えば、セールスは成約する方が少ないです。

なんだかんだお金を支払うというのは、お客さんにとっては非常にセンシティブな問題です。誰もが慎重になるものですからね。

だからこそ、何でもかんでもセールスすれば決まる、というものではありません。だからこそ過度な期待をしたり、相手に対して執拗なほどのセールスしたりするのは逆効果を生むことにもなります。

今だけですよ、とか、先着○名限定ですよ、とかあれこれ言い続けると相手は考えるのがめんどくさくなって断りますからね。

適度なセールスが大事であり、相手にとってセールスされているという感覚を消すことができればできるほど成約率を高くすることができるのです。

断った人を哀れに思うくらいの気持ちでガンガンビジネスやろう

セールスは怖くないです。むしろ相手もあなたも幸せになれるのがセールスです。

そして適度なセールスをしていくことができれば、断った人を哀れに思うことすらできます。せっかくのセールスを断るなんてもったいない、と自信を持てるようになれば、成約率もドンドン高まっていくことでしょう。

まずは、気持ちを変えてガンガンいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました