政府のスニーカー通勤推奨はマジで大賛成。普及したらいいなあ

ちょっと前から話題になっていたニュースのひとつに政府がスニーカー通勤の推奨について、ですね。

参考:「スニーカー通勤」をスポーツ庁が推奨 ビジネスマナー的に大丈夫?専門家に聞く

僕としては大賛成です。

選択肢を選べてより個を出す時代へ

そもそも仕事の時、革靴しか選べないってのが良くないと思うんです。

私が初めて就職した会社はバリバリの営業会社だったので、スーツに革靴は当たり前でした。クールビズなんてその当時はなくて、普通に夏場でもスーツを着て営業に回っていたんですね。だから営業ってこういうものなんだって思ってたんですよ。

で、その会社の業種って同業他社が複数いて、いかに気に入られるかが鍵です。雑用しまくって社長に気に入ってもらって買ってもらうという営業です。だって値段もサービスの質もほぼ同じですから。

だからこそスーツがちゃんとしているか、靴はキレイか、とかまで見られるんですよね。

でも私服とかスニーカーの方がより人柄を判断できると思うんですよね。革靴はキレイだけどプライベートのスニーカーのかかとは潰している人とか普通にいるでしょうし。スーツはパリッとしているのに、私服はよれているとか。

時代は個の時代です。仕事だって、商品やサービスで選ぶよりも人で選びます。だからこそその判断材料のためにオフィスカジュアルとかスニーカーを適用した方がいいんだと思うんですよね。

もちろん高級スーツに高級革靴で差別化するのもひとつの方法だと思いますし、その方法がなくなることはないと思います。

TPOに合わせて選択できることが大事

ビジネスマナー的に確かに革靴はすごく大事なことかもしれません。

でも、いずれ「革靴じゃないから」という理由だけで相手と話をしないような人は、どんどん時代に取り残されていくんだろうなと思います。はっきり言って時代が変わろうとしているのに、それに適応しようとしなかったら絶対に生き残れないのです。

普及するまでには相当時間がかかると思いますし、革靴じゃないことが恥ずかしくなるような場面も普通にあると思います。それこそ格式のあるレストランとかホテルで打ち合わせや商談する時に、スニーカーというわけにも行かないでしょうし。

「仕事=革靴」という固定概念は必要ないと思うんです。スニーカーで通勤してもいいと思いますし、雨の日は革靴履きたくないと思うのは誰もが思うことでしょうし。

その結果、いつもより歩く人が増えれば、それだけで確かに健康増進に繋がるでしょうしね。

僕も行く場所と時間に合わせて革靴を選んでいます。今はスニーカーと革靴を選べる生活に満足していますね。時代がそうなれば、本当に嬉しく思います。

スポンサーリンク

無料プレゼント配布中!


多くの方からの要望にお答えして
高居翔の知識・経験・情報・ノウハウを無料ですべて公開することにしました。

文章に自信がない方、文章が苦手だという方、ブログが続かないという方、アクセスが上がらないという方、ブログ集客ができないという方、必見です。


スポンサーリンク

この記事の著者

高居 翔

1988年生まれ 埼玉県出身 A型

趣味はバレーボールと読書。
もともと文章を書く仕事がしてみたかったので
今はメールとブログで伝える仕事に使命とやりがいを感じています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール


月間45万PVブログを運営する文章苦手な方専門のブログ集客コーチ高居翔です。

現在、自分の力で収入を得られるようになりたいと考えているけど、
Webが苦手、PC苦手、文章を書くのも苦手でなかなか前に進めない人が毎日無理することなく、
楽しく集客&セールスできるようになって自分の力で収入を得ることができる自分メディアビジネスをお伝えしています。
アフィリエイト初心者さんには、1ヶ月目から10万円を稼がせるコンサルも展開中です。

詳しいプロフィールはこちらから


ページ上部へ戻る