コンテンツが思ったように売れない時は、何を売るかよりもどうやって売るかを学ぶべき理由
PC1台で自由なライフスタイルを手に入れる方法

起業したい、副業で稼ぎたい、今取り組んでいるビジネスにWEBを活用したい、そんな方に今すぐ学べるオンライン教材をプレゼント中

今すぐこちらをクリックしてGETする

コンテンツが思ったように売れない時は、何を売るかよりもどうやって売るかを学ぶべき理由

コンテンツビジネスで売れない時は何を売るかよりもどうやって売るか コンテンツビジネス

こんにちは、甲斐翔太です。

売りたい商品やサービスを持っているにもかかわらず、思ったように売れないという方は多いです。

 

そうすると、多くの方は売れないのは商品やサービスのせいだと思うわけですね。そして次から次へと販売する商品やサービスを増やしてしまっている、という方も多いのではないでしょうか?

提供できる商品やサービスが増えすぎて、それらすべてをブログとか名刺に書いた結果、何を専門にしている人なのか、何が提供できる人なのかがわからなくなり、余計に売れなくなる、ということです。

 

売れないのは商品やサービスが悪い、というわけではない可能性も十分考えられます。だからこそ何を売るのか、ではなくどうやって売るのかを理解すべきだということです。

売れない理由を商品やサービスのせいにしない

商品やサービスを作ったにもかかわらず、なかなか売れなかったり、セミナーやワークショップを開催しても集客できなかったりすると、自信がなくなりますよね。

そうなると多くの方は、商品やサービスが悪いとか需要がないとかライバルが多いからと言い訳します。

 

もしかしたら売れない商品を販売している可能性もあるわけですが、実際に同じジャンルで稼いでいる人がいるのであれば、需要がないということはないですし、商品やサービスが悪いということもないはずです。

つまり、すでに稼いでいる人がいるのにあなたが稼げていないのであれば、商品が悪いんじゃなくてあなたの売り方が悪い可能性があるということですね。

売り方を学ぼう

同じジャンルでライバルや先に始めている人がいて、稼ぐことができているのであれば、商品やサービスが悪いわけじゃありません。

そこには必ず需要があるので売れるはずです。

じゃあなぜ売れないのかというと、売り方が悪い可能性があるからです。売り方や伝え方ができていないとどんなに頑張っても集客できないし、売上も出せないということです。

 

例えば、世の中にはラーメン屋さんが多いですよね。どこに行ってもラーメン屋さんがあります。つまり、日本人にはラーメンは非常に馴染み深いものですし、ラーメン好きな人も多い。

だからこそラーメンの需要は非常に大きいわけです。

つまりラーメン屋さんで利益を出すのは市場規模で言えば決して難しい話じゃないんです。でも、たくさんのお店が閉店せざるを得ない状況がありますよね。

その理由が、お店の売り方に問題がある可能性がある、ということです。お店の場所が悪いとか、ホームページや食べログなどを作らないとか、SNSへのアップを禁止とか、お店の名前がめちゃくちゃわかりにくいとか。

 

おいしいラーメンを出すだけじゃなくて、そこに商品の魅せ方とか売り出し方というのが必要だということです。それができていればブランディングになったり話題になったりするわけですから。

でも、多くのビジネス初心者さんは商品がすべてだと思っていて、売れない理由は商品に魅力がないからだと考えてしまうわけです。

インターネットを使って商品を売る方法

インターネットを使ってビジネスをしていくためには、実店舗を構えてビジネスするよりも魅力を伝えるのが難しいです。

 

一番わかりやすいのが洋服ですかね。

洋服ってお店に行って実際に服を見て、試着して、自分に合うと思ったものや気に入ったものを買いますよね。だからこそ1日中ゆっくりと買い物を楽しむ女性も多いはずです。

もちろん洋服をインターネットで買うこともできる時代です。良さそうな商品をお家まで届けてもらって家でじっくり悩んで最終的に返品することもできます。

 

でもインターネットで買った洋服類は一切返品できないとしたらどうでしょうか?

良さそうな商品があったとしても、やっぱり悩みますよね。どんな素材なのかもわからないし、サイズ感もわからないし、細かいデティールなんかもわかりにくいので買うのをためらう方も多いはずです。

 

つまりインターネットというのは魅力が伝わりにくいわけですよ。魅力が伝わりにくいにもかかわらず、ビジネス初心者さんたちはそんなことお構いなしです。

商品・サービスの価値や魅力を十分に伝えきっていないんです。だから売れないんですよね。売ることができている方たちはその魅力や価値を伝えるのが上手だということです。

だからこそ、商品サービスが悪いんじゃなくて、商品の魅力や価値を伝わるような売り方をしっかり学ぶべきだということです。

 

で、基本的なビジネスの流れは以下です。

・ブログやSNSや広告でお客さんに知ってもらう
・お客さんにメルマガ登録してもらう
・メルマガで悩みの解決方法や願望の叶え方を伝える
・メルマガで商品やサービスの価値を伝える
・商品を手に入れれば悩みが解決できることを伝える
・商品を手に入れれば願望を叶えることができることを伝える
・商品を手に入れなかった時のリスクや損失を伝える
・商品が優れている理由や証拠を提示する
お試し商品を購入してもらう
本商品を購入してもらう

 

これだけ商品・サービスの価値とか魅力とかメリットを伝えるわけです。それくらいやらないとお客さんは良さを理解してくれないわけです。

 

なのにビジネス初心者の方は「こんなことやってまーす」と伝えるだけです。そして売れないから違う商品サービスを増やして「こんなこともやってまーす」と伝えるわけです。

それでは売れないのは当然だということですね。商品やサービスを増やしても同じことです。

何よりも大事なことは商品サービスの価値をお客さんが理解できるくらいシンプルにして伝えることなんです。

コンテンツビジネスは売り方さえ間違えなければ必ず売れる

で、セミナーとかコンサルティングを含めたコンテンツビジネスというのは、ジャンルと売り方さえ間違えなければ必ず売れるビジネスです。

もちろん実績やお客様の声がない場合にはある程度作っていく必要はあります。でもそれすらもクリアできれば必ず売れるコンテンツを作ることができるようになります。

安易に商品やサービスを増やすよりも、まずはインターネットを使った商品の売り方をしっかり理解していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました